2018年11月26日

工事一日目

工事一日目。
今朝から釜屋の職人さんたちが、古い釜を運び出す作業をしています。

まず入口のセメントをはつり、つながった配管などをはずします。
image1.jpeg

それからホイストという道具を天井にぶら下げ、ホイストと鎖で釜をつって動かすのです。

一般的に、釜で湯を沸かすために火を焚く場所を釜場といい、湯の入った釜のある場所を下風呂といいます。

そしてほとんどの銭湯の下風呂の天井には、ホイストをぶら下げるための金具がついています!
image2.jpeg

うちでは普段、この金具に物干し竿をひっかけて洗濯物を干しています。

下風呂はとても暑いので洗濯物がよく乾きます♪

夏はしんどい場所、冬はホッとする場所です(笑)
posted by nao at 13:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。