2016年07月29日

地サイダー・地ラムネ 試飲レポート

4 萌えサイダー
B2CE0D52-1871-458A-8621-EFB352E0708A.jpg
かわいいチャイナ服の女の子。

瓶によってキャラクターが違います。

このラムネを作っているトーインさんのホームページによると、

チャイナ服の女の子はいくみちゃんとのこと( ´ ▽ ` )ノ


舌ざわりのよい甘さで、炭酸もやわらかく、お子さまにも飲みやすい味です!

N
posted by nao at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

高濃度人工炭酸泉のガスの素

炭酸ガスのボンベです。7586FE47-B354-4CDE-9912-507EF97FA25D.jpg

このボンベは1本あたり液体容量30kg、気体換算すると1.5万リットル程になります。

製品として流通する炭酸ガスは、アンモニアや石油の精製過程で発生してしまう炭酸ガスを回収して精製・液化して製造するのが一般的だそうです。


ところで、日々の残量チェックの他に忘れてはならない事がもうひとつ。

それはヒーターの電源。

ボンベからはガスをレギュレーターで減圧して少量ずつ取り出します。

このヒーターの電源を忘れてしまうとレギュレーターがカッチコチに凍って、ガスを取り出せなくなってしまうのです。気化熱恐るべし!

K
posted by nao at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

地サイダー・地ラムネ試飲リポート

3.姫路城サイダー

82C83683-FE0B-4F47-980E-7357721037C3.jpg
おいしい!味は普通のサイダーですが、それがおいしい。

炭酸がきつめ。炭酸好きな方にはオススメです。

暑い日にお風呂上りにコレを飲んだらスカッとしそうなお味でした。

N
posted by nao at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

黒湯サイダー

黒湯サイダー、再入荷いたしました!
黒湯サイダー.jpg

ちなみに黒湯で作ったものではなく、黒湯のような

(当浴場の黒湯はもうちょっと黒いかな?)色をしたサイダーです。

前回販売したときもじわりじわりと売れていき、

「もうないの?」と何度か聞かれたこともありました。

前回買いそびれたかたも、リピーターの方もぜひどうぞ!
N
posted by nao at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月20日

地サイダー・地ラムネ 試飲リポート

2. 富士山頂コーラ

水にこだわって作られたサイダーです。
富士山コーラ.JPG

「コーラ」といえば、当浴場でもおなじみの黒湯のような色をしているものを思い浮かべますが、

こちらはなんと白いコーラ!その色のごとく、まろやかな飲みやすいお味でした。

そしてカロリーゼロなんです。

ダイエット目的で銭湯に通われている方もいらっしゃるでしょうか?

そんな方にはうれしいサイダーですね♪
N
posted by nao at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地サイダー・地ラムネ 試飲リポート

1. 瀬戸内マスカットラムネ
マスカットラムネ.jpg

炭酸が強いのか、軽く手を掛けただけではビー玉を抜くことができませんでした。

栓が抜けると漂うマスカットの香り。のど越しも良く、甘さもほどほどで後味もさわやか!

製造元の齋藤飲料工業は広島県福山市の飲料メーカーさん。

製品ラインナップがものすごい!

広島のメーカーなので『広島東洋カープラムネ』これは予想範囲内。

『北斗の拳ラムネ』『ふなっしーラムネ』更には『もみじ饅頭風味ラムネ』なんてのも。攻めるなぁ!

斎藤飲料工業株式会社HP
http://www.saito-inryo.com/index.html

k
posted by nao at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

むかしむかしのお話

大昔の公衆浴場求人パンフレットです。
求人1.jpg

求人2.jpg

求人3.jpg

就職をしようとする地方の中学生、いわゆる『金の卵』の為に作られたのであろう就職案内。

現代目線だと色々とツッコミ所もあって、なかなか読み応えがあります。

落成式の記事より、このパンフレットが昭和28年5月以降の物であるのは確定。

好景気のあとは不景気が云々...の記述から、この『不景気』は昭和32年7月から

昭和33年6月の『なべ底不況』を指すのではないかと推測。

よって、昭和33年ぐらいに作られたのではなかろうかと推理してみました。


当時の浴場業は廃材、廃油などの燃料集めに始まり、釜焚き、掃除、下足番などなど、

多くの人手を必要としていました。いずれにしても、業界賑やかなりし時代でした。

posted by nao at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

地サイダー&次ラムネ

先日告知しておりました地サイダー&地ラムネまつり!本日から販売開始です。

一本買うとスタンプ1個。スタンプ3個で限定バッジをプレゼント!
2.jpg

バッジの見本もロビーに展示しました。
1.jpg

お風呂上りに、地サイダー&地ラムネでシュワっとのどをうるおしてはいかがでしょうか♪

一本200円。第一相模湯では8種類販売予定です。
3.jpg

posted by nao at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月05日

記号

今日の読売新聞の一面に載っていた興味深い記事!
77F639F8-D7C8-412E-B1E3-BACE6A40DDC8.jpg
今はスマホでも「おんせん」の変換の候補に「♨︎」が出てくるほど定着しているこのマーク。
そのうちこの記事にあるようなマークに変換できる日が来るのかなぁ。

お風呂屋さんでは多用しているマークなので影響がありそうです。

N
posted by nao at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

黒湯はどこから?

第一相模湯では敷地内、地下約80m付近より揚水した井戸水(冷鉱泉)を加温して『黒湯』としてご提供しております。
262BB2C9-C062-4EF1-A50A-1787D820F2BA.jpg

画像の化石やらディグダグはおふざけですが、煙突の高さと井戸の深さの比率は出来る限り正確に描画してみました。

80mの井戸。割と浅めな印象を持っていましたが、煙突の高さと比べると3.4倍もの長さ。

こうやってみると80mもなかなかの深さです。
K

posted by nao at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする